[副]

  1. まさか1㋑」に同じ。

    1. 「―それはできなかった」〈志賀暗夜行路

  1. まさか2」に同じ。

    1. 「借金を踏んじゃ善くない位の事は―心得ています」〈漱石・彼岸過迄〉

出典:青空文庫