• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「水海」の意》周囲を陸地で囲まれたくぼ地に水をたたえる水域。よりは大きく、沿岸植物の侵入できない深さのもので、ふつう最深部が5メートル以上をいう。

[補説]書名別項。→みずうみ

《原題、(ドイツ)Immenseeシュトルムによる短編小説。1849年刊。青春時代の夢のような恋を、老人の回想の形で描いた作品。