1. 枡形 (ますがた) をもつ城門の外側に面する部分。見張りの番兵を置いた。俗に江戸城には36見付があったといわれ、現在は四谷見付・赤坂見付などが呼称として残る。

  1. 建築で、部材の正面。また、その幅。主に仕上げ材・化粧材についていう。みつき。

  1. すぐ向こうに見える所。すぐ目につく所。みつき。

    1. 「あの―の松でござる」〈狂言記・富士松〉

静岡県南西部、磐田 (いわた) 市の地名。東海道五十三次の宿駅として発展。住宅地。

新潟県中部の市。江戸時代にはつむぎの見附結城の産地として知られ、現在は化繊織物やニット生地を生産。人口4.2万(2010)。

出典:青空文庫

出典:gooニュース