山口県西部の市。近世は市場町、明治期から大嶺 (おおみね) 炭田の開発で発展した。石灰岩大理石を産し、セメント工業が盛ん。平成20年(2008)に美東町・秋芳町と合併。人口2.9万(2010)。

《「み」は接頭語。「ね」は山の頂。山を神域とみていう語》

  1. 山の頂上。山頂。ね。「そびえ立つ―」

  1. 物の高くなっている所。「雲の―」

  1. 刀剣・刃物の背。棟 (むね) 。「包丁の―でたたく」

  1. 櫛 (くし) の背。

  1. 烏帽子 (えぼし) の頂上。

声を立てて泣くこと。特に、葬儀のとき、弔意を表して声をあげて泣くこと。

「ことごとくに喪服 (あさのころも) を着て、三たび―奉る」〈天武紀〉