• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

キョウチクトウ科の常緑小高木。キョウチクトウに似た五裂する筒型の白い花をつける。インド半島・東南アジア・琉球諸島などに分布。種子や乳液に毒があり、殺鼠剤 (さっそざい) などに用いられる。名称は、触れると目が腫れ上がるという意味の沖縄方言から。おきなわきょうちくとう。