1. 現在のあとに来る時。これから来る時。将来。「未来に向けて羽ばたく」「未来都市」

  1. 仏語。三世 (さんぜ) の一。死後の世。来世。後世 (ごせ) 。未来世。

  1. 主として西欧語の文法で、時制の一。過去・現在に対して、これから実現するものとして述べる場合の語法。動詞の語形変化で示される。

    1. 将来[用法]

脊椎動物の味覚器。主に舌の粘膜の乳頭に分布する、花の蕾 (つぼみ) 状の器官。頂部の小孔から味の刺激を受け、味覚神経に伝える。味覚芽。

日本の海洋研究開発機構が保有する世界最大級の海洋観測船。日本初の原子力船むつ」を前身とし、原子炉を撤去したのち、平成9年(1997)竣工。耐氷性、航行性に優れ、北極海などの極域や荒天域での観測が可能。北極海・太平洋・インド洋などで、海洋の熱循環・物質循環生態系、海底の地形・地質の調査を行う。推進機関はディーゼル機関と推進電動機。全長128.5メートル、幅19メートル、総トン数8678トン、最大速力約16ノット、定員80名。

IoT機器に感染するマルウエアの一。2016年に大規模なIDDos攻撃を起こしたことで知られる。同年、作成者と思われる者がオープンソースとして公開したため、新たな亜種が出現し、感染が広がった。

出典:gooニュース

出典:青空文庫