1. 五十音図マ行の第3音。両唇鼻音の有声子音[m]と母音[u]とから成る音節。[mu]

  1. 平仮名「む」は「武」の草体から。片仮名「ム」は「牟」の初2画から。

  1. ろく。むっつ。声を出して数をかぞえるときの語。「いつ、六、なな、や」

  1. ろく。むっつ。名詞の上に付けて用いる。「六月」「六尺 (さか) 」

身 (み) 」の古形。「身代わり」「身ざね」など、複合語として用いられる。

[名]
  1. 何もないこと。存在しないこと。「―から有を生ずる」⇔

  1. 哲学の用語。

    1. ㋐存在の否定・欠如。特定の存在がないこと。また、存在そのものがないこと。

    2. ㋑一切の有無の対立を超え、それらの存立の基盤となる絶対的な無。

  1. 禅宗で、経験・知識を得る以前の純粋な意識。「―の境地」

[接頭]名詞に付いて、そのものが存在しないこと、その状態がないことの意を表す。「―感覚」「―資格」「―届け」「―免許」

[感]

  1. 力んだり、感心したり、また驚いたりしたときに口を結んで発する声。うん。むう。「む、すごい」「む、やるな」

  1. 了解・同意を示す応答の声。うん。ふむ。

    1. 「―といらへて立ちぬ」〈宇治拾遺・五〉

[助動][(ま)|○|む(ん)|む(ん)|め|○]活用語の未然形に付く。
  1. 推量・予想の意を表す。…だろう。

    1. 「御岳精進 (みたけさうじ) にやあら、ただ翁びたる声に額 (ぬか) づくぞ聞こゆる」〈・夕顔〉

  1. 意志・希望の意を表す。…う(よう)。…するつもりだ。

    1. 「われこそ死なとて泣きののしること、いと堪へがたげなり」〈竹取

  1. 適当・当然の意を表す。…するのがよい。…するのが当然だ。

    1. 「鳴り高し。鳴りやま」〈・少女〉

    2. 「さやうのもの、無くてありな」〈徒然・一三九〉
  1. (主として「こそ…め」「なむや」の形で)勧誘・要求の意を表す。…してはどうか。…しないか。

    1. 「忍びては参り給ひなや」〈・桐壺〉

  1. (主として連体形の用法で)婉曲 (えんきょく) に表現する意を表す。…のような。

    1. 「身を治め国を保た道もまたしかなり」〈徒然・一一〇〉

  1. (主として連体形の用法で)条件や仮定の意を表す。…ならば。…したら。

    1. 「斎院より御文のさぶらはには、いかでか急ぎあげ侍らざらむ」〈・八七〉

[補説]「む」は上代から近世まで広く用いられたが、平安時代以後「ん」とも書き、鎌倉時代以後は「う」にも変化した。なお、未然形「ま」は上代、「まく」の形だけに用いられた。→めや[連語]

ぼう