[名]
  1. なまえ。な。「姓と名」

  1. 名詞の上に付いて、すぐれている、評判が高い、などの意を表す。「名文句」「名校長」「名ピアニスト」

[接尾]助数詞。人数を数えるのに用いる。「40名」
  1. いのち。生命。「命が果てる」「命を捨てる」

  1. 命令。「命を帯びる」「命に背く」

  1. 運命。「命は天にあり」

  1. あかるいこと。「勝敗の明と暗とを分ける」

  1. 理のあきらかなこと。また、道理を見通す力。眼識。「先見の明」

  1. 物を見る力。視力。「明を失う」

自分の兄弟姉妹の娘。⇔甥 (おい) 

茶。特に、新芽を摘んだものを茶というのに対し、遅く摘んだものをいう。

「―ヲニル」〈和英語林集成

誓い。同盟。「盟を結ぶ」

  1. 金石・器物などに事物の来歴や人の功績を記したもの。「碑に銘を刻む」

  1. 特にすぐれた物品につける特定の名。「銘を付ける」

  1. 製作物に入れる製作者の名。

  1. 心に刻み込んでいる戒めなどの言葉。「座右の銘」

5月。他の語と複合して用いるときは「メー」とも書く。

出典:gooニュース