貴人が呼び招くこと。

「おとど、参り給ふべき―あれば、参り給ふ」〈・桐壺〉

《召し上がる物の意から》

  1. などを炊いたもの。ごはん。いい。「飯を炊く」「米の飯」

  1. 食事。ごはん。「三度の飯」「朝飯」

林芙美子の小説。親の反対を押し切って恋愛結婚をしたものの、倦怠期に悩む女性の心情を描く。昭和26年(1951)に「朝日新聞」で連載が開始されたが、未完のまま遺作となった。同年、成瀬巳喜男監督により映画化され、第2回ブルーリボン賞作品賞受賞。

出典:gooニュース

出典:青空文庫