スズメ目メジロ科の鳥。全長12センチくらい。背面が黄緑色、腹面が淡黄色で、目の周りが白い。虫や果実を食べるが、舌の先がブラシ状になっていてツバキなどの花蜜も吸う。東アジアに分布。日本では山林にすみ、冬は小さな群れをつくる。鳴き声を楽しむためによく飼われた。 夏》「菜畑の日和をわたる―かな/石鼎」

(関西地方で)ブリの成魚になる前のもの。ふつう全長約60センチ程度のものをいう。

出典:青空文庫