《「す」は唐音禅宗で、僧侶のかぶる頭巾 (ずきん) 。

「―、したうづやうのもの、心々に送りつどひて」〈笈の小文

[動サ五(四)]《「まおす」の音変化》
  1. 主として会話に用い、聞き手に対し、「言う」を改まって丁重に表現する丁寧語。

    1. ㋐「言う」対象が聞き手(または尊者)の場合には、対象を敬う気持ちも残るが、現在、対象を敬う謙譲語は「申し上げる」である。「昨日、先生に―・したとおりです」

    2. ㋑単に「言う」を改まり丁重にいう場合。この場合にも、謙譲の気持ちは残るので、敬うべき人の動作には用いない。現在、「先生が申された」のような言い方は適切でないとされる。「父がこのように―・しております」「私は鈴木と―・します」「一口に日本と―・しましても」

  1. 1のへりくだる気持ちが失せて、「言う」を改まり重々しくいう。「そうは―・しておらん」

  1. 動作の対象を敬う謙譲語。

    1. ㋐「言う」の謙譲語。申し上げる。古くは、改まって言上する場合に多く用いられた。

      「(帝ニ)翁 (おきな) のありさま―・して」〈竹取

    2. ㋑神仏、朝廷などにお願い申し上げる。また、所望申し上げる。

      「母君の御行くへを知らむと、よろづの神仏に―・して」〈・玉鬘〉

    3. 「いけずき(=馬ノ名)を―・さばやとは思へども」〈平家・九〉
    4. ㋒その人の名前・官位などを、人々が…と申し上げる。

      「田邑 (たむら) の帝と―・す帝おはしましけり」〈伊勢・七七〉

    5. ㋓「する」「なす」の謙譲語。…してさしあげる。「御助勢を―・しましょう」

      「路次でお茶なりと―・さう物を」〈虎明狂・餅酒〉

  1. (補助動詞)動詞の連用形、現代語では「お」などを冠した動詞の連用形や動作をいう名詞に付いて、謙譲の意を表す。「お送り―・します」「御相伴―・します」

    1. 「文覚が流さるる国へ迎へ―・さんずるものを」〈平家・一二〉

[可能]もうせる

出典:青空文庫