[動ア下一][文]も・ゆ[ヤ下二]
  1. 草木が芽を出す。芽ぐむ。「若草―・える野山」

  1. 俗に、ある物や人に対し、一方的で強い愛着心・情熱・欲望などの気持ちをもつ。→萌え

[動ア下一][文]も・ゆ[ヤ下二]
  1. 火がついて炎が立つ。燃焼する。「紙が―・える」「ストーブの火が―・える」

  1. 激しく気持ちが高まる。情熱が盛んに起こる。「愛国心に―・える」「怒りに―・える」

  1. 炎のような光を放つ。光る。陽炎 (かげろう) や蛍の光、夏の厳しい陽光などにいう。「夕日に赤く―・える空」 夏》「―・ゆる海わんわんと児が泣き喚き/誓子

出典:青空文庫