《「本 (もと) 」と同語源》

  1. 物の下の部分。また、そのあたり。した。「旗の―に集まる」「桜の―に花見の宴を設ける」

  1. その人のところ。そば。「親の―を離れる」

  1. その規則や支配力の及ぶところ。「厳しい規律の―で生活する」「監視の―におかれる」

  1. (「…のもとに」の形で)…した状態で。…で。「敵を一撃の―に倒す」

《「本 (もと) 」と同語源》以前。むかし。副詞的にも用いる。「―の同僚」「この地に―から住んでいる人」「―あった所に戻す」「―大臣」

[名]
  1. 物事の起こり。始まり。「事件の―をさぐる」「うわさの―をただす」

  1. (「基」とも書く)物事の根本をなすところ。基本。「生活の―を正す」「悪の―を断つ」

  1. (「基」とも書く)基礎。根拠。土台。「何を―に私を疑うのか」「事実を―にして書かれた小説」

  1. (「因」とも書く)原因。「酒が―でけんかする」「風邪は万病の―」

  1. もとで。資金。また、原価。仕入れ値。「―がかからない商売」「―をとる」

  1. (「素」とも書く)原料。材料。たね。「たれの―」「料理の―を仕込む」

  1. それを出したところ。それが出てくるところ。「火の―」「製造―」「販売―」

  1. ねもと。付け根。「―が枯れる」「葉柄の―」

  1. 箸 (はし) や筆の、手に持つ部分。

  1. 10 短歌の上の句。

    1. 「歌どもの―を仰せられて」〈・二三〉

[接尾](本)助数詞。
  1. 草や木を数えるのに用いる。「一 (ひと) ―の松」

  1. 鷹 (たか) 狩りに使う鷹を数えるのに用いる。

    1. 「いづくよりとなく大鷹一―それて来たり」〈咄・醒睡笑・五〉

出典:gooニュース