• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《形式名詞「もの」+連語「かは」》活用語の連体形、一部の助詞に付く。
  1. (多く「…もものかは」「…はものかは」の形で)ものともしない。物の数ではない。なんでもない。そっちのけにする。「世間の非難もものかは政策を断行する」

    1. 「待つ宵のふけゆく鐘の声聞けばかへるあしたの鳥は―」〈平家・五〉

  1. 終助詞的に用いる。

    1. ㋐強い反語の意を表す。…だろうか、いやそうではない。…ことはない。

      「すべて、月、花をば、さのみ目にて見る―」〈徒然・一三七〉

    2. ㋑強く驚き感動する意を表す。…ものではないか。…ことよ。

      「この矢あたれと仰せらるるに、同じものを中心 (なから) にはあたる―」〈大鏡・道長上〉