• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[接助]《「ものを」から》活用語の連体形に付く。
  1. 愚痴・恨み・不平・不満・反駁 (はんばく) などの気持ちを込めて、逆接の確定条件を表す。…のに。…けれども。「これほど頼んでいるものを、なぜ引き受けてやれないんだ」

    1. 「ま幸 (さき) くと言ひてし―白雲に立ちたなびくと聞けば悲しも」〈・三九五八〉

  1. 理由・原因を強調する意を表す。…からして。…だから。

    1. 「湯水をつかふのだ―、かかるが悪くは遠くへどいてるがいい」〈滑・浮世風呂・二〉

[補説]2は近世以降、「を」を省略した「もの」という形でも用いられる。
[終助]《形式名詞「もの」+間投助詞「を」から》
  1. 自分の意のままにならないことを不服に思う気持ちを表す。…のになあ。…のだがなあ。「そんなに無理しなくてもよかったものを」

    1. 「忍びがたく思ひ給へらるる形見なれば、脱ぎ棄 (す) てはべらむことも、いとものうくはべる―」〈・藤袴〉

  1. 詠嘆・感動の意を表す。…のになあ。…だなあ。

    1. 「猫のへあがりて猫またになりて、人とることはあなる―」〈徒然・八九〉

出典:gooニュース