[名]
  1. 空間のある部分を占め、人間の感覚でとらえることのできる形をもつ対象。

    1. ㋐物体。物品。「ごつごつした物に手が触れる」「山の上に光る物がある」

    2. ㋑商品。また、その質。品質。「同じような物が大量に出回る」「高いが物はよい」

    3. ㋒着物。衣服。「白っぽい物を着る」

    4. ㋓食物。「歩きながら物を食う」「物がのどを通らない」

    5. 民法で、有体物。権利の客体となりうるもの。

  1. 人間が考えることのできる形のない対象。

    1. ㋐何かの事柄・物事。「物の役に立つ」「物を思う」「恋という物」

    2. ㋑ことば。「あきれて物も言えない」

    3. ㋒文章。また、作品。「物を書くのを商売にする」「この作品は十年前に描かれた物だ」

    4. ㋓学問。

      「己れは此様 (こん) な無学漢 (わからずや) だのにお前は―が出来るからね」〈一葉たけくらべ

    5. ㋔物事の筋道。道理。理屈。「物の順序をわきまえる」

  1. 妖怪・怨霊など、不可思議な霊力をもつ存在。「物に憑 (つ) かれる」「物の怪」

  1. (「…のもの」の形で)所有している物品・事物。所有物。「会社の物を私する」「その企画は彼の物だ」

  1. 他の語句を受けて、その語句の内容を体言化する形式名詞。

    1. ㋐判断などを強調して示す。「負けたのがよほどくやしかった物と見える」「何をされるかわかった物じゃない」

    2. ㋑感動する気持ちを強調して示す。「二人とも大きくなった物だ」「悪いことはできない物だ」

    3. ㋒(「…するものだ」の形で)それが当然であるという気持ちを示す。「先輩の忠告は聞く物だ」「困ったときは助け合う物だ」

    4. ㋓(「…したものだ」の形で)過去を思い出してなつかしむ気持ちを示す。「あの店にはよく二人で行った物だ」

  1. 名詞の下に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐その種類にはいる品物・作品の意を表す。「SF物」「現代物」

    2. ㋑それに相当するもの、それだけの価値のあるもの、などの意を表す。「冷や汗物」「表彰状物」→もの[助詞]ものか[連語]ものかな[連語]ものかは[連語]ものから[接助]ものぞ[連語]もので[接助]ものなら[接助]ものの[接助]ものゆえ[接助]ものを[助詞]

[接頭]形容詞や形容動詞の語幹に付く。
  1. なんとなくそのような状態であるという意を表す。「物悲しい」「物寂しい」「物静か」

  1. いかにもそうであるという意を表す。「物めずらしい」「物すさまじい」

《「」と同語源》人。多く、他の語句による修飾を受ける。卑下・軽視する場合や、改まった場合に用いられる。「店の者に言いつけてください」「土地の者に任せる」「持てる者の悩み」

他の外来語の上に付いて、単一の、単独の、の意を表す。「モノレール」

[接助]口語では活用語の終止形、文語では活用語の連体形に付く。順接の確定条件を表す。…(だ)から。…ので。「ゆくゆくは社長となる人ですもの、しっかりしているわ」「彼は努力家だもの、きっと成功する」
    1. 「わしもこなさんの女房ぢゃ―、何の忠儀を忘れませうぞ」〈伎・幼稚子敵討〉

[終助]
  1. 活用語の終止形に付く。多く「だって」「でも」と呼応して用いる。現代では多く女性や子供の間で使われるが、時に撥音化して「もん」となることもある。

    1. ㋐不平・不満・恨みの意を込めながら、相手の自分に対する非難に対し、根拠や理由を示し、反駁 (はんばく) 、訴え、甘えなどの気持ちを表す。「だって時間がないんですもの」「でもお父さんがそうおっしゃったんですもの」

    2. ㋑(「ものね」「ものな」などの形で)詠嘆の意をこめて理由を表す。「でもあなたと私とでは考え方も違いますものね」「なるほど、それは彼のお得意だものな」

  1. 文末で、活用語の連体形に付く。

    1. ㋐逆接的な気持ちを込めて詠嘆する意を表す。…のになあ。…のだがなあ。

      「我が持てる三つあひに搓 (よ) れる糸もちて付けてまし―今そ悔やしき」〈・五一六〉

    2. ㋑順接の確定条件を含み、詠嘆・感動の意を表す。…だからなあ。

      「もっともぢゃ、もっともぢゃ、道具屋の娘ぢゃ―と」〈浄・卯月の潤色〉

[補説]上代の「もの」は形式名詞から、近世以後の「もの」は終助詞「ものを」の音変化したものという。

出典:gooニュース