蛙 (かえる) 。また、それを調理したもの。

「蝦蟆 (かへる) を煮て上味 (よきあぢはひ) とす。名づけて―といふ」〈応神紀〉

  1. 脱穀の後、籾摺 (もみず) りする前の、外皮に包まれたままの米。もみごめ。 秋》「老いし母怒濤を前に―平 (なら) す/三鬼

  1. 籾殻 (もみがら) 」の略。

[補説]「籾」は国字。

《ベニバナをもんで染めるところから》紅 (べに) で染めた無地の平絹。女物長着の胴裏や袖裏に用いる。もみぎぬ。

マツ科の常緑大高木。日本特産で、本州・四国・九州の山地に自生。樹皮は黒灰色。葉は線形で、小枝に2列に密生する。6月ごろ、黄色の円筒状の雄花と雌花とが開花し、果実の松かさは直立してつく。材は軽く、建築・家具のほか柩 (ひつぎ) などに多用され、パルプの原料にもする。もみのき。もむのき。

ムササビの古名。〈和名抄

出典:青空文庫