1. まもること。また、その人。「渡し守り」「灯台守り」

  1. 子供のめんどうをみること。また、その人。子守。「赤子の守りをする」→御守 (おも) り

[名]
  1. 盛ること。また、盛った分量。「飯の盛りがよい」

  1. 盛り蕎麦 (そば) 」の略。

  1. 石盛 (こくもり) 」の略。

[接尾]助数詞。皿や茶碗などに盛ったものを数えるのに用いる。「どんぶり飯二 (ふた) 盛り」
  1. 樹木がこんもりと生い茂った所。「―の都」

  1. 神社がある神域の木立。「鎮守の―」

水が漏ること。「屋根の―」

投げたり砲で撃ち出したりして、魚介類などを突き刺し、捕らえる漁具。

出典:gooニュース