• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「やきり」とも》

  1. 飛んでくる矢を切り払うこと。

    1. 「それよりしてこそ―の但馬 (たぢま) とはいはれけれ」〈平家・四〉

  1. 忍び返し」に同じ。

    1. 「―を飛び越す面影を見付け給ひて」〈浮・男色大鑑・二〉

夜、盗賊が人家に押し入るため壁などを切ること。

「兄の七左衛門が土蔵に―をして」〈浮・新永代蔵・二〉