[名・形動]三枚ガルタの賭博 (とばく) で、八 (や) 九 (く) 三 (さ) の3枚の組み合わせで最悪の手となるところから》
  1. 役に立たないこと。価値のないこと。また、そのものや、そのさま。「―に暮らす」「―な機械」「―仕事」

  1. ばくち打ち・暴力団員など、正業に就かず、法に背くなどして暮らす者の総称。「―渡世」

出典:青空文庫