• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

矢を入れ、右腰につけて携帯する道具。奈良時代から使用され、状差し状の狩胡簶 (かりやなぐい) と幅の広い平胡簶 (ひらやなぐい) とがある。また、古製の靫 (ゆき) が発展したものを平安時代からは壺胡簶 (つぼやなぐい) といい、公家の儀仗用となった。ころく。