• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南極大陸やまと山脈付近で発見された隕石南極隕石)の総称。昭和44年(1969)に日本の南極観測隊により初めて9個の隕石が発見され、その後も裸氷上で発見が続いた。大陸中央の氷床が海岸に向かってゆっくりと移動する途中で山脈にせきとめられ、氷が溶けて大量に隕石が残されたものと考えられている。南極やまと隕石。