• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《断定の助動詞「なり」の連用形「に」、係助詞「や」、動詞「あり」の未然形「あら」、推量の助動詞「む」の重なった「にやあらむ」の音変化》
  1. (文末用法)

    1. ㋐疑問の気持ちを込めた推量の意を表す。…であろうか。

      「いかさまこれは祇といふ文字を名について、かくはめでたき―」〈平家・一〉

    2. ㋑遠回しにぼやかして言う意を表す。…とかいうことだ。…とか。

      「鞠 (まり) も難き所を蹴出だしてのち、やすく思へば、必ず落つと侍る―」〈徒然・一〇九〉

  1. (文中用法)体言または格助詞「と」に付いて副助詞的に用いて、不確かなこと、不定の意を表す。

    1. 「主上すでに人も通はぬ隠岐国と―に流されさせ給ふ上は」〈太平記・四〉

  1. (「…やらん…やらん」の形で)不確かなことを漠然と並列・列挙する。…やら…やら。

    1. 「かやうに浪の立つ―、風の吹く―も知らぬ体にて」〈平家・六〉

[補説]中世以降の語。のちに「やらう」と変化し、さらに室町期には「やら」ともなり、現代の副助詞「やら」につながる。