• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[感]感動したり驚いたりしたときに発する語。あら。
  • 「―、わごりょは聞こえぬ事を言はします」〈虎清狂・文荷
[副助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の連体形、助詞などに付く。(疑問語を伴って、あるいは「とやら」の形で)不確かな意や、ぼかして言う意を表す。…か。「何やら降ってきた」「いつのまにやら眠っていた」「同僚とやらから電話があった」
    1. 「二番目の子を、女房どもが何と思ひ入りました―、ぜひにと望みます」〈浮・胸算用・二〉

[並助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の連体形、助詞などに付く。
  1. どちらとも決定しがたい二つ以上の事柄を並列・列挙する意を表す。「うれしいやら悲しいやら複雑な気持ちだ」

    1. 「恵方 (ゑはう) が東―、南に梅が咲く―、暦さへ持たずして」〈浮・永代蔵・三〉

  1. 事物を単に並列・列挙する意を表す。「お茶やらお花やらを習う」

    1. 「出来た所 (とこ) が塩梅 (あんばい) が悪い―、手際が悪い―で、やんやといふほどにも行かねえ」〈滑・浮世床・初〉

[終助]名詞、名詞に準じる語、活用語の連体形、助詞などに付く。(多く疑問の語と呼応して)想像を働かす意を表す。…だろうか。「いつから始まることやら」「どうしたら気が済むやら」
[補説]「にやあらむ」が「にやらむ」「やらむ」「やらう」「やら」と音変化したもので、中世後期以降に用いられた。中世後期には「やらん」「やらう」と混用されていたが、近世になって「やら」に固定した。なお、の文末用法から転じて成立したもの。

出典:gooニュース