• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[感]

  1. ふと心づいたり、不審がとけたりしたときなどに言う語。やれ、そこで。いや、それでは。

    1. 「―、太郎冠者。珍しや」〈虎明狂・墨塗

  1. 歌などの囃子詞 (はやしことば) 。

    1. 「櫛になりたや、―、薩摩の櫛に」〈浄・薩摩歌〉