• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ゆんだけ」に同じ。

「うち臥 (ふ) さで恋し明かせばさ夜床の―のふすまよそにこそ見れ」〈夫木・一六〉

ゆきたけ」に同じ。

「―の片の身を縫ひつるが」〈・九五〉