• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昭和52年(1977)の学習指導要領の改定で導入された考え方。「受験戦争」と「落ちこぼれ」対策として教科内容と授業時間数を削減して児童生徒の負担を軽減し、余った時間を教科の枠に縛られない総合的な学習に当てる。問題点として学力の低下が指摘された。

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース