• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. 玉や鈴などが触れ合って鳴る音を表す語。ゆら。

    1. 「手に巻ける玉も―に」〈・三二四三〉

  1. ゆったりしているさま。

    1. 「神ならば―さららと降り給へいかなる神か物恥ぢはする」〈梁塵秘抄・二〉