なお残る勢い。何かをなしとげても、あまっている勢い。余勢。「勝利の余威」

言外に含む意味。余情。

「再復歌より続けて、―を謂いたる文あり」〈榊原芳野編・文芸類纂〉

  1. 夜の間、勤めの場所に詰めていること。とのい。宿直。

    1. 「これは―の人々の目ざましに給へ」〈宇津保・あて宮〉

  1. 加持・祈祷 (きとう) のため、僧が夜間貴人のそばにつき添っていること。また、その僧。

    1. 「―にさぶらひてねぶりたる、うちおどろきて陀羅尼 (だらに) 読む」〈・総角〉

夜、寝ること。夜のねむり。

「春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと―も寝なくに」〈・八三一〉

  1. 日が暮れてまだ間もないころ。古代では夜を3区分した一つで、日暮れから夜中までの間。初夜。「宵のうちから床に就く」

    1. 「―過ぐるほど、すこし寝入り給へるに」〈・夕顔〉

  1. 祭りなど、特定の日の前夜。「宵宮」「宵山」

酒などに、酔うこと。また、酔った状態。「酔いが回る」「酔いをさます」「二日酔い」「船酔い」

[形][文]よ・し[ク]
  1. (多く「良い」「好い」と書く)人の行動・性質や事物の状態などが水準を超えているさま。

    1. ㋐質が高い。上等である。「―・い友に恵まれる」「―・い品」⇔悪い

    2. ㋑能力がすぐれている。上手である。うまい。「腕の―・い職人」「感度の―・いラジオ」⇔悪い

    3. ㋒美しい。すばらしい。「器量が―・い」「―・い景色」⇔悪い

    4. ㋓良好である。健全である。健康である。「からだもすっかり―・くなった」「気分の―・い朝」⇔悪い

    5. ㋔地位や身分が高い。また、社会的にしっかりしている。「―・い家柄」「育ちの―・い人」⇔悪い

    6. ㋕経済的に栄えている。裕福である。「懐ぐあいが―・い」「暮らし向きが―・い」⇔悪い

    7. ㋖利益の面ですぐれている。有益である。有利である。「割の―・い仕事」「―・い値で売れる」⇔悪い

    8. ㋗効き目がある。効果的である。「胃腸病に―・い温泉」⇔悪い

    9. ㋘向いている。ふさわしい。恰好である。好適である。「海水浴に―・い季節」「ちょうど―・い時に来た」⇔悪い

    10. ㋙自分の好みに合っている。望ましい。「私はビールが―・い」「住むなら郊外が―・い」

  1. (多く「良い」「善い」と書く)人の行動・性質や事物の状態などが、当否の面で適切・適当な水準に達しているさま。

    1. ㋐正しい。正当である。善である。「日ごろの行いが―・い」「態度が―・い」「人柄が―・い」⇔悪い

    2. ㋑好ましい。好感がもてる。「返事に元気があって―・い」

    3. ㋒満ち足りている。幸せである。「一人で―・い思いをする」「君に会えて―・かった」

    4. ㋓親切である。やさしい。「土地の人に―・くしてもらう」「気立てが―・い」⇔悪い

    5. ㋔人と人との間が円満である。むつまじい。「職場の人間関係が―・い」⇔悪い

    6. ㋕十分である。不足がない。「度胸の―・い人」「覚悟は―・いか」⇔悪い

  1. 人の行動・性質や事物の状態などが許容範囲内であるさま。

    1. ㋐許せる。承認できる。「帰っても―・い」「代理人でも―・い」

    2. ㋑さしつかえない。支障ない。「―・かったらお茶でもどうですか」

    3. ㋒放っておいてかまわない。どうでもよい。「その件はもう―・い」

  1. (「よい年」などの形で)ある程度の年齢に達している。また、分別を身につけているはずだ。「―・い年をして喧嘩などするな」「彼の息子ももう―・い年だ」

  1. (多く「好い」「佳い」「吉い」と書く)吉である。めでたい。「―・い日を選んで挙式する」⇔悪い

  1. 情操の面ですぐれている。情趣を解する能力がある。

    1. 「―・き人のよしとよく見てよしと言ひし吉野よく見よ―・き人よく見」〈・二七〉

  1. 動詞の連用形に付いて、動作が簡単・容易・円滑・安楽にできるさまを表す。…しやすい。「住み―・い家」「飲み―・い錠剤」

    1. 好 (い) い[用法]→善く

[補説]現代の日常会話では、終止形・連体形に「いい」を多く用いるため、「よい」を用いるとやや改まった感じを与える場合がある。また改まった場面では、1㋐や2㋔などに「よき友」「よき日」というように、文語連体形「よき」を用いることがある。
[派生]よがる[動ラ五]よげ[形動]よさ[名] →よさげ

出典:gooニュース

出典:青空文庫