1. 必要なこと。

    1. 「逗留中、布哇 (ハワイ) の風俗に就いては物珍しく云う程の―はないだろう」〈福沢福翁自伝

  1. 重要な用事。必要な用事。「とりあえず要用のみ申し上げます」

日のよく当たる所について強光下で生長した葉。陰葉に比べて柵状組織が発達して厚く、気孔の数が多く、光合成・呼吸が大。

[名・形動ナリ]《「様様 (さまざま) 」を音読みにした語》いろいろであること。また、そのさま。
  • 「―にわびければ弁慶苦々しき顔ばせにて」〈浄・凱陣八島〉
[形動]おうよう(鷹揚)」に同じ。
[ト・タル][文][形動タリ]若若しく美しいさま。顔色が穏やかでのびのびしているさま。
  • 「桃の―たる時節にはあらねども」〈鉄腸・花間鶯〉
[ト・タル][文][形動タリ]暗くはっきりしないさま。また、遠くかすかなさま。
[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 水があふれるばかりに満ちているさま。水が広々と広がっているさま。「洋洋たる大海」

  1. 希望に満ちているさま。「洋洋として未来は広がる」「前途洋洋たる青年」

  1. 盛んであるさま。

    1. 「只帝徳を頌し奉る声、―として耳に盈 (みて) り」〈太平記・一一〉

[ト・タル][文][形動タリ]誇らしげなさま。得意げなさま。「意気揚揚と引きあげる」
[ト・タル][文][形動タリ]ゆらゆらと揺れ動くさま。また、動揺して落ち着かないさま。「揺揺として定まらぬ心」
[ト・タル][文][形動タリ]水が豊かにゆったりと流れるさま。
[副]一度口に入れた物を吐き出すときの声を表す語。
  • 「大なる骨喉 (のど) にたてて、―といひけるほどに」〈宇治拾遺・一三〉
[補説]歴史的仮名遣いは「ゑうゑう」とも表記。
[副]とこしえに。永久に。えいえい。
  • 「未来―有りがたき御事なり」〈曽我・一一〉
[副]ようやく」の音変化。「走り通しで漸う間に合った」
  • 「春はあけぼの、―しろくなり行く、山ぎは少しあかりて」〈・一〉

[感]

  1. 人を誘ったり呼びかけたりするときに発する声。「ようよう、どこに行くのかね」

  1. はやすとき、ひやかすときなどに発する声。「ようよう、ご両人」

出典:青空文庫