おさないこと。また、おさない人。「幼にして学に親しむ」

  1. 必要にこたえる働きのあること。役に立つこと。また、使い道。用途。「用をなさない」「用のなくなった子供服」

  1. なすべき仕事。用事。「用を言いつけられる」「急ぎの用で出掛ける」「君に用はない」

  1. 大小便をすること。用便。「小用」

  1. 費用。入費。ついえ。「家計の用に充てる」

  1. 事物の本体に対して、作用。働き。

    1. 「今一身を分かちて二つの―をなす」〈方丈記

  1. 用言。また、その作用。

    1. 「水辺や又山類の体―は連歌のごとく用ゆべきなり」〈新増犬筑波集

  1. 体言に格助詞「の」の付いた形で、または用言に助動詞「う」の付いた形で、動作の目的や理由を表す。

    1. 「何の―にかあらむと申す」〈竹取

  1. 名詞の下に付いて、…のために使用するもの、…が特に使用するもの、…で使用するもの、などの意を表す。「作業用の机」「紳士用セーター」「保存用ディスク」

あやしいこと。不吉なこと。また、もののけ。妖怪。「妖の物」

《人形 (ひとがた) の意》中国で、死者とともに埋葬した人形。死者の臣下・妻妾 (さいしょう) ・衛兵・愛玩動物などをかたどる。材質により、陶俑・木俑・金属俑などに分けられる。戦国時代以降のものが多く、代に至るまで作られた。→兵馬俑坑

東洋と西洋。特に、西洋。

  1. 物事の大事な点。かなめ。要点。「要を得た説明」「要はやる気だ」

  1. 必要であること。入用。「再考の要がある」

《「やく」の音変化》ききめ。えき。

  1. 平凡なこと。すぐれたところがないこと。凡庸。

    1. 「才と―との別もまたはなはだしであるが」〈蘆花思出の記

  1. 律令制における租税の一。養老令の規定では、正丁 (せいてい) 一人1年間に10日間の労役を提供するかわりに布2丈6尺を納める人頭税であった。布のほか、米や塩など地方の産物をあてることもあった。

[名]木の葉の縁 (ふち) のような、とがった切れ込み。
    1. 「これは―の入りて、木にて縁をしたりければ」〈徒然・三三〉

[接尾]助数詞。
  1. 木の葉や紙など、薄いものを数えるのに用いる。「三葉の写真」「一葉の絵はがき」

  1. 小舟を数えるのに用いる。

    1. 「一―の舟の中の万里の身」〈和漢朗詠・下〉

  1. 易学で、陰に対置されて、積極的、能動的であるとされるもの。天・日・昼・男・強・動・奇数など。⇔

  1. 表から目に見えるところ。うわべ。⇔。→陽に

  1. 日の照らすこと。明るいこと。また、そのような所。

    1. 「静かなる夜を―に返す洋灯の笠に」〈漱石虞美人草

  1. 姿・形。ありさま。ようす。

    1. 「日ごろありつる―、くづしかたらひて、とばかりあるに」〈かげろふ・上〉

  1. 方法。やり方。

    1. 「その山見るに、さらに登るべき―なし」〈竹取

  1. 理由。事情。わけ。

    1. 「参るまじくは、その―を申せ」〈平家・一〉

  1. (「思う」「言う」などに付いて)会話や思考の内容。または、その下に引用して続けた会話や思考の内容。

    1. 「車にて児 (ちご) の祖 (おや) に言ふ―『父こそ』と呼べば」〈今昔・二四・一五〉

  1. 名詞の下に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐ある物に類似していることを表す。…ふう。…のよう。「刃物様の凶器」「皮革様の素材」

    2. ㋑様式、方式などの意を表す。「上代様」「唐 (から) 様」

  1. 動詞の連用形の下に付いて複合語をつくる。

    1. ㋐ありさま、ようすなどの意を表す。「喜び様」「可愛がり様」

    2. ㋑…する方法、…するやり方などの意を表す。「ほかのし様もある」「しかり様が悪い」

皮膚や皮下にできる急性の腫れ物。癤 (せつ) の集合型で、隣接するいくつかの毛包に黄色ぶどう球菌が感染して化膿 (かのう) したもの。うなじ・背中にできることが多く、高熱や激痛を伴う。

[動ワ五(ハ四)]《「え(酔)う」の音変化》
  1. 飲んだ酒のアルコール分が体中にまわり、正常な判断や行動がとれなくなったりする。「美酒に―・う」「―・った勢いでけんかを売る」

  1. 乗り物に揺られたり、人込みの熱気に当てられたりして気分が悪くなる。「船に―・う」「人に―・う」

  1. そのことに心を奪われてうっとりする。また、自制心を失う。「成功に―・う」「妙技に―・う」「太平に―・う」

[可能]よえる
[ト・タル][文][形動タリ]
  1. 暗くてよくわからないさま。また、事情などがはっきりしないさま。「杳として消息が知れない」

  1. はるかに遠いさま。奥深く暗いさま。

    1. 「十月にも筆を執らず、十一十二もつい紙上へは―たる有様で暮して仕舞った」〈漱石・彼岸過迄〉

[副]《「よ(良)く」のウ音便》
  1. よ(良)く」に同じ。「―おいでなさった」「遅くまで―働く」

  1. (あとに打消しの語を伴って)不可能を表す。とても…できない。「生魚は―食べない」

  1. (あとに反語の表現を伴って)容易にありえない意を表す。どうして。

    1. 「―、われがやうな者が、許さうわいな」〈狂言記・胸突〉

[感]

  1. 気軽く人を呼んだり、あいさつしたりするときの呼びかけの語。「よう、元気かい」

  1. 物をねだったり、せがんだりするときに発する語。「よう、頼むよ」

  1. ほめそやすとき、ひやかすときなどに発する語。「よう、いいぞ」

[助動][○|○|よう|(よう)|○|○]上一段・下一段・カ変・サ変動詞の未然形、助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」などの未然形に付く。なお、サ変には「し」の形に付く。
  1. 話し手の意志・決意の意を表す。「その仕事は後回しにしよう

    1. 「埒 (らち) あき次第起こしに来い。明日顔見よう」〈浄・生玉心中

  1. 推量・想像の意を表す。「会議では多くの反論が出されよう

    1. 「うばも待て居よう程にはよう行れよ」〈浮・風流夢浮橋〉

  1. (疑問語や終助詞「か」を伴って)疑問・反語の意を表す。「そんなに不勉強で合格できようか」

  1. (多く「ようか」「ようよ」「ようではないか」などの形で)勧誘や、婉曲 (えんきょく) な命令の意を表す。「その辺で一休みしようよ」「みんなで行ってみようではないか」

    1. 「かかさん、ねんねしよう」〈洒・甲駅新話〉

  1. (「ものならば」などを伴って)仮定の意を表す。「失敗なんかしようものなら許しませんよ」

    1. 「一生のうちに一度でも天晴 (あっぱ) れ名作が出来ようならば」〈綺堂修禅寺物語

  1. 実現の可能性の意を表す。「あの男がそんな悪いことをしようはずがない」

  1. (「ようとする」「ようとしている」の形で)動作・作用が実現寸前の状態にある意を表す。「秋の日は早くも西の山に没しようとしている」→

[補説]室町末期ごろ、推量の助動詞「む」の変化形「う(うず)」が上一段動詞、たとえば「射 (い) る」「見る」に付いて音変化した語形「よう」「みょう」から「(射・見)よう」が分出されたのが始まりで、江戸時代に入ってしだいに一語化したと言われる。連体形は、56のように形式名詞「もの」「はず」「こと」などを下接する用法が普通で、主観的な情意を表現する終止形に比し、客観性のある表現に用いられる。なお、2は現代語では、ふつう「だろう」を用いる。

〈永〉⇒えい

〈影〉⇒えい

ゆう

出典:gooニュース

出典:青空文庫