1. 祖先の善行のおかげで、子孫が受ける幸福。⇔余殃 (よおう) 

  1. 先人のおかげ。余光。

[名・形動]
  1. 物が余っていること。必要な数より多くあること。また、そのさま。余り。余分。「一人分切符が余計だ」

  1. 普通より分量の多いこと。程度が上なこと。また、そのさま。たくさん。「いつもより余計に食べる」「人より余計な苦労をする」

  1. 必要な度を超えてむだなこと。また、そのものや、そのさま。「余計なことまでしゃべる」「余計なお世話だ」

[副]程度・分量がさらに増すさま。もっと。なおさら。「前より余計痛くなった」「そんなことを聞くと余計心配になる」

本来受けるはずでない恵み。他からの影響で受ける利益。おこぼれ。「余恵を受ける」

出典:青空文庫