1. これまで経過してきたそれぞれの時期・時代。だいだい。「―の為政者」「―に伝える」

  1. 仏語。過去・現在・未来の三世。

  1. 別れ別れの世界。それぞれ別の生活。男女についていう。

    1. 「白河のしらずともいはじ底きよみ流れて―にすまむと思へば」〈古今・恋三〉

夜ごと。毎晩。「夜夜思い悩む」

[副]

  1. しゃくりあげて泣く声を表す語。「よよと泣き伏す」

  1. よだれなどが垂れ落ちるさま。だらだら。

    1. 「筍 (たかうな) をつと握り持ちて、しづくも―と食ひぬらし給へば」〈・横笛〉

  1. 酒などを、こぼしながら勢いよく続けて飲むさま。ぐいぐい。

    1. 「酒を出したれば、さしうけさしうけ―と飲みぬ」〈徒然・八七〉

出典:青空文庫