• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

最密充塡構造の一。同じ大きさの球列を積み重ねていくとき、最初の層のすきまの上に2層、3層目を重ねて、4層目は球のそれぞれが初めの層の真上にくるもの。各球の中心を格子点とすると、面心立方格子となる。原子分子などの詰まり方にみられる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉