• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

リュウビンタイ科の常緑シダ。暖地の山林中に生える。太い根茎に厚い托葉がうろこ状につく。葉は長さ1~2メートルの羽状複葉。羽片は披針形で厚くてつやがあり、平行に走る脈が目立つ。裏面の縁近くに胞子嚢 (ほうしのう) 群をつける。うろこしだ。りゅうりんたい。

[生物/植物名]カテゴリの言葉