• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

年をとった男。また、男子が自己をへりくだっていう。

  1. 暗緑色または青碧 (せいへき) 色の半透明の硬玉。また、美しいもののたとえ。

    1. 「楼に上 (のぼ) れば―の柱、珊瑚の釘隠し」〈露伴・新浦島〉

  1. 《色が1に似るところから》青々とした美しい竹。

    1. 「三畝 (さんぽ) の―種 (う) ゑて筠 (たかむな) あり」〈菅家文草・三〉

[補説]書名別項。→琅玕

物見のたかどの。物見。

初期の蓄音機で、録音・再生用の蝋を塗った円筒。蝋に音溝を刻んで録音した。

瘻孔 (ろうこう) 」に同じ。

中勘助の詩集。昭和10年(1935)刊行。