• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「ろず(蘆頭)」の音変化か》できそこないや、傷・よごれのため、売り物にならないもの。転じて、役に立たない人。

「品物の―も出るから儲かるほどに金は残らんがね」〈魯庵社会百面相

[動サ変]

  1. りょう(領)する1」に同じ。

    1. 「入道の―・じ占めたる所どころ」〈・明石〉

  1. りょう(領)する3」に同じ。

    1. 「この―・じたりける物の身に離れぬ心地なむする」〈・夢浮橋〉