• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ある物事を行うための一定の方法や手段。技術。技芸。「技を磨く」「技を競う」

  1. 相撲・柔道などで、相手を負かすために仕掛ける一定の型に基づいた動作。「技がきまる」「寝技」

  1. おこない。行為。所業。しわざ。「神のみ業」「人間業」

  1. 職業。仕事。「物書きを業とする」

  1. こと。ありさま。おもむき。「容易な業ではない」「腹ふくるる業」

  1. 仏事。法要。

    1. 「安祥寺にてみ―しけり」〈伊勢・七七〉

  1. たたり。害。

    1. 「―をするものはだますといふほどに」〈虎明狂・附子

出典:gooニュース