• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

茨木のり子の詩。20歳で終戦を迎え、戦後の動乱期を過ごした自身をうたった作品。作者の代表作の一つ。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉