• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 撥音の音節。鼻音の有声子音だけで1音節をなす。実際の発音では、後続音の有無や種類により、両唇鼻音[m]、歯茎鼻音[n]、軟口蓋鼻音[ŋ]、奥舌と軟口蓋との閉鎖をゆるくした鼻音[N]などの別がある。

  1. 平仮名「ん」は「无」または「毛」の草体から。片仮名「ン」ははねる音を象徴的に示す記号「」から転じたものかといわれている。

[感]

  1. 相手の意向を了解・承諾したときに用いる語。うん。「ん、いいよ」

  1. 疑問を表すときに用いる語。「ん、何か変だぞ」

[助動]《推量の助動詞「む」の音変化》活用語の未然形に付く。
  1. 婉曲的表現を表す。「あらかぎりの力を出す」

  1. (「んとする」の形で)意志・推量の意を表す。「言わとすることはわかった」

[助動][助動]
[助動][助動]
[格助]格助詞「」の音変化。「それ、僕んだ」「君んちへ行こう」
  • 「あたし―とこに明いてるのがあるから」〈二葉亭平凡