• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インド南部、カルナータカ州の村。6世紀から8世紀にかけて同地を支配した前期チャールキヤ朝の最初の都があった場所であり、のちにバーダーミに遷都した。石窟寺院をはじめ、馬蹄型のドゥルガー寺院やアイホーレ最古のラードカーン寺院など、ヒンズー教やジャイナ教の寺院が100以上残っていることで知られる。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉