• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

アスパラギンアスパラギン酸アンモニア加水分解する酵素。白血病、リンパ腫などに対する抗腫瘍効果をもつことが知られる。また、毒性が強いアクリルアミドの生成を抑えるはたらきがあるため、食品添加物として用いられる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉