• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ATERUI Ⅱ国立天文台が運用する、天文学専用のスーパーコンピューターアテルイの後継として開発。米国のクレイ社によるスカラー型スーパーコンピューターであり、ピーク性能はアテルイ導入時の約6倍に相当する3ペタフロップス(毎秒3000兆回の浮動小数点演算)。銀河の形成や宇宙の大規模構造のシミュレーションなどに利用される。平成30年(2018)6月より本格的な運用を開始。