• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大正時代、無政府主義者(アナルコ‐サンジカリスト)とマルクス主義者(ボルシェビスト)との間で行われた論争。特に、労働運動の組織論をめぐり、政党の指導を排除する自由連合論をとるアナ派に対し、ボル派は中央集権的組織論を主張。まもなくアナ派は衰退した。