• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

小川国夫の短編小説、またそれを表題作とする短編小説集。昭和32年(1957)に私家版として発表。「東海のほとり」「エリコへ下る道」など、欧州留学時の体験をもとに描いた半自伝的作品を収める。発表当初は注目されなかったが、昭和40年(1965)に島尾敏雄の目に留まり、「朝日新聞」紙上で激賞されたことから一躍有名となる。