古代エジプトで最も広く崇拝された神。テーベの守護神でもあり、しばしば太陽神ラーと結合してアモンラーとよばれる。アメン。アンモン。

[補説]古代エジプトでは、2本の大きな羽飾り頂く人物、あるいは牡羊の頭をもつ人物として表された。古代ギリシャでは最高神ゼウスと同一視され、頭に羊の角をもつ人物として表現されている。