• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

alle effect》生物集団の個体密度が繁殖率や生存率に及ぼす現象の一つ。個体密度の増加に伴って生物集団中の個体の適応度が増加する現象をいう。名称は、提唱した米国の生態学者の名前に由来。個体数や個体密度が低下すると、交配相手が減少したり外敵の襲撃から逃れにくくなるため繁殖・生存が困難になり、絶滅の危機が増大するとされる。