• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

酵素の作用で糖類エチルアルコール(エタノール)と二酸化炭素(炭酸ガス)に分解する反応。酵母などの無気呼吸によって起こる。古くから酒造に利用。酒精発酵。

[補説]近年、バガスや藁 (わら) 、廃材などのバイオマスを発酵させてアルコールを作り、燃料として用いる方法が研究されている。→バイオマス燃料

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉