• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Atacama Large Millimeter/submillimeter Array》チリのアンデス山脈中のアタカマ砂漠に建設された大型電波干渉計。正式名称はアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計。ヨーロッパ、東アジア、北米、およびチリの国際協力により建設され、直径12メートルのアンテナ4台、直径7メートルのアンテナ12台からなる高感度観測を主とするアタカマコンパクトアレイ(ACA)(のちにモリタアレイと命名)と、直径12メートルのアンテナ50台からなる高分解能観測を行うアンテナ群で構成される。原始銀河、星・惑星系の形成などの観測を行う。2003年に着工、2009年より試験観測、2012年より本格運用が始まった。