アレクシス・カレルの解説 - 小学館 大辞泉

[1873~1944]フランスの外科医・生理学者。1905年、米国へ移住。血管縫合術を完成。臓器移植を研究、組織培養法を確立し、現代の生命観に影響を与えた。1912年ノーベル生理学医学賞受賞。著「人間―この未知なるもの」ほか。

アレクシス・カレルの解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
フランス・サント=フォワ=レ=リヨン
生年月日
1873年6月28日 かに座
没年月日
1944年11月5日(享年71歳)

出典:青空文庫